体臭がミルクの臭い

体臭がミルクの臭いとは?何が原因なのでしょうか?

スポンサードリンク


 

体臭が、ミルクの臭いミルクくさい乳臭い、という表現の臭いです。男性でも女性でも、この臭いのする人はいるようですので、
体臭の1つのようです。

 

本人には分からない場合が多く、人に言われて、そうなんだ、と思う人が大多数のようです。

 

他にも、甘いミクルのような臭いフルーツのような臭い赤ちゃんのような臭い、と表現されることもあるようです。決して、いやな意味での「くさい」ではない場合が、ほとんどで、逆に臭いかがせて、と言われてクンクンされることもあるようです。

 

本人たちに聞くと、香水をつけてない、アトピーでもない、シャンプーでもない、そして、石鹸でもない。では、洗濯の時の洗剤や柔軟剤?、どうやら、これも違うようです。

 

臭いは、首元や耳の後ろ辺りから発せられているようですが、近づかないと気が付かれない程度の場合が多いようです。

 

人は誰でもその人特有の体臭というものを持っています。いいにおいかどうかは別として、この人と近くで接するときはいつもこのにおいがする、という経験は誰しもあるものだと思います。

 

生命活動を維持する限り身体は代謝を繰り返し、汗などの分泌物を体外に放出します。特に脇の下には汗腺が身体のほかの部分より多くあるので、汗をかきやすく、その汗が細菌と反応してにおいの元となります。あまりきついにおいがするのは社会生活を送るのには支障をきたすものかもしれませんが、個人特有のにおいは個性でもあります。

 

この体臭がミルクの臭いがするパターンの人は、刺激臭や嫌な臭いの類ではないようですので、あまり気にされない方がよさそうです。

 

嗅覚は五感の中でも非常に原始に近い感覚で、人によっては嫌なにおいも自分にとっては、なんだかもっとかいでいたいようなにおいだったりすることもあります。ネコがマタタビのにおいをかぐとふにゃふにゃになってしまう感覚と似ているでしょうか?

 

異性に対する部分フェチの話題でも脇の下や襟足のにおいがなぜか好きだという話はよく聞きます。香水のにおいのような芳香というのではないのに、です。これらは嗅覚によって自分に訴えかける相手と自然に巡り合っているからだという説もあります。

 

<体臭も個性>においの良し悪しは好みに左右されます。やたらと香水を振りまいていると自分の本当のにおいに気づかず、せっかくの出会いを逃してしまうかも?!

体臭がミルクの臭い?についての情報でした。


  スポンサードリンク