酸っぱい臭い 体臭の正体

酸っぱい臭いの体臭の正体は、乳酸説が有力のようです

スポンサードリンク


 

臭いに敏感な人なら誰でも気にする、自分の体臭。

 

中でも酸っぱい臭いの体臭がするときの臭いの正体はなんなのでしょうか?

 

「酸っぱい匂い」の正体は、エクリン腺の汗に含まれる「乳酸」ではないかというのが有力説です。

 

汗の匂いが強くなるのは、重炭酸イオンによるアルカリ度が高くなる時であると言われています。

 

汗の全体的な匂いの強さは、先に述べた重炭酸イオンの量が重要になりますが、ここで議論になっている「酸っぱい匂い」に着目した場合は、「乳酸」の影響が大きくなります。

 

その理由は、乳酸は汗の成分でも最も「酸」が強く、その乳酸が、他の臭いの成分と混ざった時に「酸味臭」(=酸っぱい臭い)となる可能性が高いようです。

 

 

では、酸っぱい臭いを防ぐにはどうしたら、良いでしょうか?

 

この臭いを防ぐには汗をかいたらすぐにふき取ることが肝心です。そして汗そのものが臭くならないようにすることです。汗は血液から生成されるので、血液中の成分から臭いの元を減らすようにすればいいのです。臭いの元である乳酸の量を血液中から減らすには食生活の改善と適度な運動をおすすめします。

 

アルコールや油分の多い食事を控え、野菜を多く摂るようにしましょう。また、にんにくなどの臭いのきつい食材も摂りすぎには注意です。食生活に少し気をつけるだけで、血流の流れがよくなり、乳酸の生成がおさえられ酸っぱい体臭を防ぐことができます。

 

そして、適度な運動をこころがけましょう。汗の出る汗腺が弱いと汗がにおいを発しやすくなります。適度に運動をして汗をかくことで汗腺を強くして、汗のにおいを押さえましょう。

 

<体臭は生活習慣で治る>身体のにおいは当然身体に摂り入れた飲食物が大きく影響します。デオドラントや香水で臭いを隠す前に、根本原因を取り除く方が消臭への近道なのではないでしょうか?

酸っぱい臭いの体臭の正体は?についての情報でした。


  スポンサードリンク