体臭が刺激臭

体臭が刺激臭になる原因を考えてみる

スポンサードリンク


 

街中を歩いていると、すれ違う人から突然刺激臭を感じるときがあります。

 

こういった刺激臭の原因は一体なんなのでしょうか?

 

人間も生物ですから生きていく以上、多少の臭いを発するものですが、それにしてもどうにも耐え難いような体臭を発する人がいるものです。

 

その原因は体内で生成されるアセトアルデヒドという物質に起因するといわれています。

 

アセトアルデヒドはアルコールの代謝産物で、アルコールを分解する際に身体の中で生成されます。また、アルデヒド系の物質は乳酸が細菌によって分解される際にも発生するので、お酒を飲まなくても体から乳酸が多く出たときには同じような臭いが発生します。

 

乳酸は代謝の際の生成物ですが、血液中に酸素が不足するとより多く発生します。この現象は身体中に酸素を送り届ける役割をするヘモグロビンが減るために起こってしまうのです。ヘモグロビンを増やすには、緑色野菜に多く含まれるクロロフィルを体内に取り込むことが必要と言われます。

 

なぜならクロロフィルはヘモグロビンの構成要素とほぼ同じだからなのです。クロロフィルを効率よく摂取するためにはホウレンソウや小松菜などを油で炒めて食べるとよいでしょう。

 

<体臭は身体からのシグナル>体臭は本人や周りの人が不愉快というばかりではなく、身体からの危険信号ともいえます。

 

血液中の酸素が減ると代謝が下がり、あらゆる病気の原因を引き起こします。不愉快な体臭をそのまま放置せず、食生活の改善などで対処して、健康な身体を保つように心がけましょう。

体臭が刺激臭なんですが?についての情報でした。


  スポンサードリンク