ピロルリアによる体臭

ピロルリアによる体臭について紹介します。

スポンサードリンク


 

暑い時期は、汗をかいたりして自分の体臭が気になり出す時期です。
体臭の原因は汗などの分泌物によるものや湿気による雑菌の増殖など様々ですが、日本ではまだあまり知られていないピロルリアという病気が原因の場合があります。

 

ピロルリアとは尿にピロールという物質が多く出るという疾患で、この病気にかかると嫌な体臭がしたり、うつ病になったりという障害を引き起こします。

 

血液中ではヘモグロビンの生成が日々行われていますが、この時に副産物としてクリプトピロールという物質が生成されます。クリプトピロールは血液中のビタミンB6と結合し複合体となります。そして亜鉛とともに尿として排出されてしまいます。

 

ピロールという物質自体は人体にとって無害な物質ですが、栄養素を体外にもっていってしまうという点において有害な働きをもたらしてしまうのです。ビタミンB6や特に亜鉛が不足すると、脳機能に支障をきたし、症状としては不安感に襲われるなどの悪影響が出てしまいます。

 

<病気に負けないような食生活を>ピロルリアという病気はいまだ研究途上の病気で、きちんとした原因も現代医学では特定できていません。ピロールという物質が外部環境に非常に弱い性質で、検出が難しいという理由も一因としてはあるようです。

 

とはいえ、すべての病気は日々の生活習慣の積み重ねに起因するといっても過言ではありません。栄養バランスのいい食事を摂ることを心掛け、規則正しい生活を送ることでこうした疾患とは無縁の生活を目指したいものです。

ピロルリアによる体臭とは?についての情報でした。


  スポンサードリンク